So-net無料ブログ作成
検索選択

「白と金」「青と黒」どっちに見える? 1枚の写真をめぐりネットで激論

sk_blackandblue_01.jpg



1枚の写真をめぐり、ソーシャルメディアで激論が交わされています。

ドレスを写したなんの変哲もない写真ですが、見る人によって色が違って見えるというのです。


「白地に金のレースだろ?」「正気かい? どうみても青と黒だよ」

──ある1枚の写真をめぐり、ソーシャルメディアで激論が交わされています。


Twitterではセレブも次々に参戦し、世界で議論が盛り上がっているようです。

<スポンサードリンク>

 







写真はあるユーザーがTumblrに投稿したのが発端とされています。


そこには店頭らしき場所に陳列されているドレスが映っていますが

この服の「色」が問題になっています。


ある人は「少し暗いところに置いてある、白地に金色のレースのドレス」といい

ある人は「青地に黒のレースのドレス」というのです。


写真はまたたく間に世界中に拡散。

歌手のテイラー・スウィフトさんが「混乱して恐いけど、明らかに青と黒」と

ツイートするなど、セレブたちもTwitterでさまざまに言及しており

「#whiteandgold #blueandblack」というハッシュタグも。


アンケートなどでは白と金が優勢なようですが……。


英紙Daily Mailによると、販売されている実際のドレスは「白と黒」「赤と黒」「ピンクと黒」

そして「青と黒」。


「白と金」は存在しないようです。



『最初は白と金にしか見えなかったこのドレスの色が

もう一度見ると青と黒にしか見えなくなった。』という人も意外に多いようです。

つまり、両方見えるということになり、ディスプレイなどではなく

視覚の問題だということになりそうです。


「色は脳で作られる」ということを改めて感じさせるこの写真 あなたはどちらに見えますか?

 



<スポンサードリンク>










1日1回クリックで応援してください!








スポンサーリンク




コメント(0)  トラックバック(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。